特別な関係

これまでの説明によってセックスフレンドという関係が少し特別な関係であるという事は理解していただけたかと思います。セックスフレンドの概念そのものがそもそも日本人のセックス勘から大きくズレたものであるのですから、その関係を簡単に理解するというのは難しい事であるのも仕方のないことなのだとも思います。

ですがセックスフレンドという関係だからといってセックス自体への考え方はそれほど大きく外れたものではないのです。その理由はセックスフレンドという関係だからといってセックスをするためにはお互いがそれを求め同意する事が必要だという事です。むしろセックスフレンドという関係だからこそ、そこが一番大切な部分なのだともいえるかもしれません。

恋人関係であればお互いの気持ちが同じ方向を向いていなくても、どちらかが相手に合わせるという妥協があってセックスをしてしまうという事はよくあります。もちろんその気持ちの根底には愛情が存在しています。しかしセックスフレンドというのは繋がりを作っているのは愛情ではありません。お互いの性欲により繋がっているものですからそこで妥協する理由はないのです。

このような事情によってお互いに言いたい事を言える関係というのでセックスフレンドという関係でも良い関係を築き上げているカップルも多く存在しています。セックスフレンドという呼称からいやらしい印象を受けますがこれも今の時代にマッチした出会い系サイトと言えるのではないでしょうか。

焦らず地道に

「セフレなら簡単になってもらえるかも」などという考えは大間違いです。そのような考え方を持っている限り女性へのアプローチは失敗してしまいますし、いつまでたってもセフレなど作れません。どのようなサイト使ったとしても唐突に「セフレになりませんか?」と相手に言っても「はい、なりましょう」と答える女性など皆無。

これは出会い系サイト口コミセフレを募集することに特化したセフレサイトであってもおなじです。その理由はセフレというのはセックスを目的として共有する関係ですから、いってみればお互いにとって最も大事なヒミツを共有する関係なのです。

もし相手が既婚であればより一層秘密やルールにも厳しく守れる相手でなくては困るのです。なので恋人を探す以上に女性は慎重になると考えるのが正解です。まず最初に大切なのは信頼を得る事なのです。セフレになるのであれば恋人になる以上に信頼関係の重要度が増します。それは恋人関係であれば付き合っていく中で信頼関係を構築していくことができるからです。

その一方、セフレというのは最初に信頼があってこそ、なのです。信頼がなければいつどんな酷い目に会うか、女性としては恐怖です。なので女性目線で言えば信頼関係が構築されてからセフレ関係になるという事になります。例としてこんなデータをあげてみます。実際にセフレを持つ主婦に聞いたところ「チャットやメールで最低でも1ヶ月は話をして信頼できる相手なのかどうか判断する」そうです。

なので焦らず地道にということを頭において信頼を得る事を第一とした付き合いを心がけましょう。「セフレになろう」と踏み込むのはこれらコミュニケーションをしっかり交わした後の話です。

アドバイス

出会い不倫チャットサイトで何度も話した岡山の主婦と遠距離ですがセフレ関係になれました。お互いが接近したきっかけというのは相手の悩みを親身に聞いてあげたことです。最初は平凡な世間話から杯っていったのですが、何か悩みを持っている感じがしたので「旦那と何かあったの?」と聞いてみたのです。

そしてどうも旦那からDV(家庭内暴力)を受けていたのです。それで彼女に対する情がわいてきたので彼女に色んなアドバイスをしてあげてたのです。それ以来、何度もチャットで待ち合わせして頻繁に話すようになりました。

チャットをはじめてから3、4ヶ月でしょうか。自分(東京在住)が大阪へ出張にいく機会ができたのでそれをチャットで彼女に伝えたら「大阪なら私も行こうかな」と言い出したのです。あまりよくわかってなかったのですが岡山から大阪というのは新幹線で1時間あれば行ける距離でした。

なので「じゃあ会おうか」と話が進んでいったのです。それ以来、大阪で仕事ができるたびに彼女に連絡して会う関係になりました。1年に3、4回程度しか会えない関係で、しかもお互い家庭持ちであるためセフレという関係ですが、あえない時でもチャットやメールでお互いに気持ちを伝え合うのが新鮮な感覚でした。滅多に会えないから実際に会った時にホテルで過ごす時間というのはあっという間に過ぎていきます。それぐらい燃え上がるのもまた新鮮でした。最後はお互いの家庭にいろいろあったことで関係は解消してしまいました。

時間をかけて口説いていくことが大事

無料で利用可能なカンタン出会い系チャットサイトでも主婦層の利用が多いものです。主婦たちは自分のお気に入りのチャットサイトを使い続ける傾向があります。なのであなたも複数のチャットサイトを定期的に使ってみてはどうでしょうか。そしてチャットを何度かして仲良くなっていくのが次の段階です。

チャットというのは不思議なものでメールではいきなり聞いても答えにくいようなこともその場で手早く答えてもらえたりします。例としては「旦那とは今でもラブラブなの?」とか「セックスレスになったりしてないの?」などと聞いても答えてくれる事はよくあります。

もちろん初対面すぐに聞くのは厳禁ですが。話の流れをうまく呼んで会話していき、夫婦生活の話題に流れていったときに聞くのがよいでしょう。ですが相手の答えが「もう何年もセックスレスなんです」だったとしてもすぐに「それならセフレになろう」などと焦ってはいけません。

「そっか。俺もセックスレス経験があってその辛さはわかるよ」という感じで理解を示し親身に聞いてあげるようにします。こうやって同じチャットで同じ相手と何度か会話をしていくとまずメル友になる事ができるでしょう。メール交換するときは相手の悩みをどんどん聞いてあげてアドバイスをしてみます。そしてチャット仲間からメル友に格上げされたらセフレになれる絶好の機会もやってきます。とにかく焦らず時間をかけて口説いていくことが大事です。

セフレはおいしいことばかりではない

主婦という立場だと絶対にセフレが存在していることが周囲にバレないように慎重に万全の対策をしています。その一方で関係がばれてしまって修羅場化するのはこの辺りの危機管理意識に欠けた男性側にある事が多いです。ある男性の話ではセフレ関係にある主婦との事が恋人にばれてしまってとんでもない修羅場になったという経験をしたそうです。

「うかつに携帯メールで主婦とメールしまくっていたら、それまでメールする相手がほとんどいなかったので彼女に怪しまれてしまったんでしょうね。ある日いつも通りセフレと会う日をメールで相談していました。相手は主婦なので夜はちょっと厳しいので会う日はいつも土曜の朝から夕方ということにしていました。

それである土曜に会おうと決まったのですが金曜の夜に彼女が家にきてしまいました。そして『明日ちょっと付き合ってもらいたいの』って言われたんです。
かなりドキっとしたんですが冷静なフリをして『明日は仕事だからって前から言ってたじゃない』と言うと『そっか・・・』といいながら自分の携帯を取り出して『これって仕事なんだ』と言い彼女から来たメールを見せ付けられたんです。どうも知らないうちに自分の携帯に転送メール設定をしていたのです。それで相手から受信したメールがそのまま彼女の携帯に転送されていたのですね。

自分が送信したメールまでは転送されませんが相手からのメールの内容だけでも内容は察することができますから、もう弁解の余地はないなと思って誠心誠意謝りました。結局そのままセフレとは連絡を絶つという条件で許してもらえましたが・・・
セフレには後ろめたい別れ方になってしまいましたが、セフレというのもおいしいことばかりではないですね」

参考サイト
今すぐ出会い系サイト

出会いの場を探している

セフレを見つけるのに最も手っ取り早いのは主婦層が何の抵抗もなく利用できるようなサイトです。メル友サイトというのは目立たない出会い系サイトです。中でも主婦という立場では普通の出会い系サイトには抵抗を持ってしまうのでメル友サイトなどで出会いの場を探しているのです。

主婦層というのはセフレ対象として中心的ターゲットですから主婦層が多く利用しているサイトが狙い目です。そこでメル友サイトを利用するならまずは女性の掲示板の書き込みを見てみましょう。

対象となるのは20代から40代の主婦。20代主婦であればまだ夫婦関係もラブラブであろうと思ってしまいますが、早くも倦怠期に入ってしまっているカップルというのも少なくありません。

無料出会いメル友サイトを利用しているのであればその可能性も一層高いといえるでしょう。掲示板を見ていてもはっきりとセフレ募集などと書き込んでいる人はいないのでメッセージの内容から出会いを求めている雰囲気がある女性を選んで接触してみましょう。
例えば「主婦としての毎日にマンネリを感じています」とか「子育てもひと段落したのでもう一度楽しいときを過ごしたい」といった書き込みであれば期待も高まるといえます。「出会いは求めていません」とはっきり書いているような相手は最初から対象外にしてしまってよいでしょう。対象として選んだ相手にメールするときもいきなり「セフレになってください」などと書くのは厳禁です。

相手の女性もそのような直接的なアプローチには引いてしまうのです。なのであくまでも「メル友になってください」というように普通の接しかたから入りましょう。

現実問題

現実問題としてセフレを欲しがるような女性はいるのでしょうか?答えはもちろんイエス。その多くはセックスレス夫婦の女性です。セックスレス女性のほとんどはセックスの無い事に不満を持っていますが、「子供がいる」、「経済的な問題」によって離婚まで踏み切れないでいます。このような女性の中にはセックスを満足させるためにセフレというパートナーを求めている事が多いのです。

次に対象となり得るのが「彼氏持ちだがセックスをもっと楽しみたい」という女性。これは20代の若くてセックスに大きな興味を持っている女性達です。彼女らの大半は結婚まで考えている彼氏がいながら、それまでにもっと多くの男性とのセックスを楽しみたいという願望を持っているのです。そしてその願望を満たす相手としてセフレを望むのです。

セフレというからにはセックスが目的ですからたとえあなたが40代であっても相手はできます。20代の女性というのは本音では様々なエッチを楽しみたいという思いがあり、それで恋人にはできない年上世代に関心を持つのです。なのでもしあなたが40代、50代でも20代のセフレを作る事は十分に可能であると考えてください。

その一方で40代の女性でも20代の男性をセフレにしている例も多々あります。あなたが20代であるなら同世代から40代以上の女性までがセフレとしてターゲットになり得ます。セフレの関係というのは一般的な恋愛より自由な関係を構築できる世界なのです。

参考サイト
サイト神待ち

セフレ体験談

チャットでであった20代の主婦が語ってくれたセフレ体験です。20代後半で妻子のある男性が相手でした。
「私はセフレとしての割り切った付き合いをしていましたが、相手の方は本気になってしまったのかちょっと不審な行動を取るようになってきたのです。

ある夜にゴミを出すために外出するとそこに彼がいてとてもビックリしました。何の連絡もしないで家の前にまで来ていたのです。私は慌てて彼を家から遠ざけて「何をしているの?」と問いただしてみました。
彼の答えは「会社の帰りになんとなくお前の家を見てみたくなった」でした。なので「不審者と思われて困るからもう二度と家のそばには来ないで」と頼んだのです。

住所を教えるつもりなど私にはありませんでした。しかしデートをしているときに彼が私のバッグに入っていた住所の書かれた請求書を見てメモしていたようなのです。それを知った時に彼は実はストーカー体質なんじゃないかと警戒するようになりはじめました。
それでも自分にとってはセフレはいるとありがたい存在であるために今も別れずにいるんです。でももし再度ストーカーのような行為をするようならすぐにでも連絡を絶ってしまおうと思っています。

住所を知られている事が不安ですが・・・」
このケースではたぶん彼の方は割り切った関係である簡単セフレという彼女の接し方に不満を持っているのでしょう。この人は割り切りよりも恋人よりの関係になりたいのだとおもいます。しかしセフレというのはこのような割り切った関係の範疇からははみ出したら成り立たないものと思った方が正解でしょう。

セフレ支援サイト

セックスフレンドを探したい場合にネット検索をしてみると「セフレ支援サイト」などというものがヒットします。これらほとんど全てが有料の出会い系サイトです。目的を絞ったサイトというのは他にもSMサイト、逆援助交際支援サイト、家出・神待ちサイトといったものが存在します。これら特化されたアダルト系サイトの中で一般の女性が利用する可能性の高いのはSMサイトぐらいでしょう。その理由はSMというのは実際に存在する性癖で、それらの相手を一般の出会い系サイトで見つけることは非常に難しいからです。

その一方でセフレというのは特化型サイトを利用すれば簡単に見つけられそうな気もしますが、そこで実際に出会えるのはサイトが雇っているサクラの女性がほとんどでしょう。もちろん実際に試してみないことにはわかりません。有料でも構わないという人なら何ヶ月かの出費をしてでも試してみればいいと思います。その時にはサクラ判別という事を実践してみましょう。

これは接触してきた女性に対して「直接メールしよう」と伝えることです。今では女性でもほとんどフリーメールアドレスを持っています。なので拒否する理由があるとすればサクラの可能性でしょう。この方法は相手が一般女性であるかどうかの判別法です。

セフレを募集するような女性は既婚者が大半なので「直接メールをすると旦那にバレる可能性があって怖い」などと直接メール拒否の理由としてくるかもしれません。あるいは「もっと仲良くなってから教える」などといわれるとサイトでのやり取りを続けるしかありません。しかしこのケースではいったいいつになれば「仲良くなった」と言えるのか、それはあってないようなものです。

そのままダラダラとポイントで資金を使わされる可能性も高いわけです。その一方でもし直接メールに応じてくれる女性であればそれは一般女性でもセフレを募集している女性といえます。あとは直接メール交換を続けながらお互いの同意できるルールを構築していけばよいでしょう。

オススメサイト

http://www.rodgerjennings.org/

リスクを減らす

セフレとの関係というのはあくまでも体だけの関係である事が原則なのでセフレと会うということはセックスをするという意味であるといえます。しかし純粋な疑問としてセフレとはデートもするのか?という疑問を持っている人もいますね。この答えはその合コン出会い系セフレ相手次第というのが大きいでしょう。

特にセックスに重要な事というのは鮮度だと思います。どれほど相性がよくても同じ部屋、同じシチュエーションでいつもセックスするのは飽きるのもすぐでしょう。しかしそういう時にたまには純粋なデートのようなことをしてみたり普段とは違う場所でセックスをする事で、また普段のセックスの感じ方も変わってきます。

そう考えている人も多くいるのでセフレとデートする事もマンネリ防止のためにはよいのではないかと思います。しかしそうは言ってもセックスフレンドという関係である以上、情が移りすぎると色々面倒な問題も出てきますので注意しましょう。特にセフレとは別に恋人がいる人はセフレとデートしている場面を恋人に目撃でもされたら大変な事になります。

簡単には解決しようもない問題に発展する可能性も高いので、セフレとのデートというのはたまにする程度に留めるのがよいのではないでしょうか。それでもデートしたいと思うなら、できるだけドライブなどにすると良いでしょう。個室で周りから見られる可能性も低くなりますしリスクを減らすという事では非常に有効です。